上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


『月館の殺人』(つきだてのさつじん)は、原作・綾辻行人、作画・佐々木倫子による漫画である。

小学館発行の漫画雑誌「月刊IKKI」にて、2005年2月号(2004年12月発売)から2006年6月号(2006年4月発売)にかけて連載。単行本は上下巻構成になっており、2006年7月末に下巻が発売された。

IKKI編集部には鉄道マニアが多く、その影響は作品のストーリーや登場人物たちにもみられ、鉄道マニア達の興味を引きつけ話題となった。鉄子の旅、阿房列車とともにIKKIの鉄道マンガ三部作の一つ。

■データ
IKKI 2007年2月号付録DVDで「月館」TVCM収録
漫画「月館の殺人」(漫画:佐々木倫子、原作:綾辻行人)データ集
TVで放映された「月館の殺人」のCMが収録

幻夜号待合室--「月館の殺人」データ集
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そのレストランはどの駅からも遠かった。繁華街からも、住宅街からも、そして利益からも。何より理想のサービスからほど遠かった。果てしなく…。

■あらすじ
伊賀観は、とあるフレンチレストランのウエイター。しかし客に対してどうしても愛想良くすることができず、いつもヘマばかりで、店の同僚からは迷惑がられている。自分の適正に悩んでいた時、新しく「理想のレストラン」を作ろうとしているオーナー・黒須仮名子に「自分の店に来ないか」と声をかけられた。
ところが指定された場所に行ってみると、なんとそこは墓地。レストランらしきものはまるで見当たらない…

墓地の中にあるその店の名前は「Loin d'lci(ロワン・ディシー)」。日本語での意味は「この世の果て」。オーナーはとんでもない大ボケだし、観以外のサービススタッフは全員未経験者。唯一頼りになるシェフは、勤める店がことごとくつぶれてしまうという、ありがたくない伝説を持っている。そんな状態で一体どうやって「理想のレストラン」を作ろうというのか…!? 
奮闘する観と、人はいいがマヌケな仲間たちが繰り広げる、上品なコメディー作品

■レアアイテム
【 Heaven?ヘブン 3巻 】
ミトン付き
◆小学館/2002年初版/定価:1333円(税抜き)/
◆特製ロワンディシー仕様ミトン付き

■登場人物
・伊賀観
(いが・かん。営業スマイルができないが、フランス料理店でのサービス経験3年を買われ「 ロワン・ディシー」にスカウトされた)、
・黒須仮名子
(「ロワン・ディシー」のオーナー。美人だが、信じられないくらいの天然ボケ)、
・堤計太郎
(店長。以前は牛丼屋の店長を5年。フレンチ経験なし)、
・山懸重臣
(ソムリエ。定年退職した元銀行役員。フレンチ経験もちろんなし)、
・川合太一
(コミドラン。元美容師。フレンチどころか、食事に関連する店での勤務経験一切なし)、
・小澤
(シェフ。三つ星のレストランに勤めていた一流シェフだが運がなく、勤める店は次々につぶれてしまう)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大陸書房  アンソロジー

貴族の館 (佐々木倫子)
新月奇譚 (大薮準子)
I love father (はしもと理)
亡霊学園 (乃間 修)
帰魂 (真野 匡)
Nevermore (加賀谷鴻一)
EYES (篠原烏童)
遠の山 昔語り (大坂尚子)
夢の残香 (波津彬子 『牡丹灯籠』に収録)
執筆者紹介 (紹介文/波津彬子)
はっちゃんのしあわせ (あとがき 波津彬子)

波津彬子の企画編集による幽霊コミックアンソロジー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おたんこナース (1) (Spirits healthcare comics)
おたんこナース (1) (Spirits healthcare comics)
■あらすじ
似鳥ユキエは勤務5週目の新米看護婦。いまだに緊張の連続で、先輩看護婦の冷静かつ容赦ない指摘や叱責に涙することもある毎日。「看護婦だって人間。どうしてもソリの合わない患者だっています。そんな患者には……」──似鳥が「患者の痛みを知る看護婦(自称)」へと成長するにいたった予想もできないような道筋とは……(第1話)。
看護婦になって初めての夏休みに帰郷した似鳥だったが、高校時代に読みふけった太宰治の作品に再び夢中になって休みをつぶしてしまう。東京に戻った似鳥は気分一新、「私は、もう高校の頃の私じゃない!」と仕事を始めるが、そこにはセピア色の写真から抜け出てきたかのような太宰治にそっくりの新患が待っていた!(第2話)。

『動物のお医者さん』の佐々木倫子が青年誌初登場!新米看護婦・似鳥(にたとり)の活躍を通じて病院の厳しさ、おかしさ、切なさを楽しく描きます。

■登場人物
・似鳥ユキエ
(東京K病院の新米看護婦。ちょっと変わった性格の持ち主で、いつも騒動の中心にいる)。
・本田雅子(同僚の看護婦。似鳥とは幼なじみで良き理解者)。
・久米(東京K病院の新米医師。似鳥や本田たちとも仲良し)。
・本条(ベテランの医師。人を食ったような性格)

■グッズ
テレホンカード

■雑誌
スピリッツH8/6/17にて、ミスおたんこナースが開催されました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
動物のお医者さん 全8巻 (漫画文庫)
動物のお医者さん 全8巻 (漫画文庫)
動物のお医者さん 全12巻 (花とゆめコミックス)
佐々木 倫子
4871187926

あらすじ
H大学受験前、その構内に足を踏み入れたときから、ハムテルの運命は決まっていた――。コワイ顔でも心優しいシベリアンハスキーのチョビ、姉御肌の猫・ミケ、暴れん坊ニワトリや超個性的な大学の面々に囲まれて、獣医師への門は開かれた――!!

今日も獣医学部のユニークな仲間とかわいい動物たちは大騒ぎ。思わずニヤリのおもしろさで、国民的人気大爆発のドクトル・コメディ!
ドラマ化されました

動物のお医者さん DVD-BOX
動物のお医者さん DVD-BOX
日本の某所に暮らす高校生・西根公輝は、ある日近所のH大学獣医学部の構内を通りかかった時、変な格好をした謎の教授にシベリアンハスキーの子犬を押し付けられ、「君は将来、獣医になる!」と妙な予言をされてしまう。獣医学部に進学した公輝を待っていたのは、患者ならぬ患畜と超個性派の教授達。学生と教授達の対決、教授同士の意地の張り合いなど、人間も含めた広い意味での<動物生態学的>珍騒動の日々がこうして始まりました。
(03年4月17日~木曜午後9時~テレビ朝日系にて、全11話)
各巻に特典映像が入っています。
 ・ディスク1・・・製作発表風景
 ・ディスク2・・・爆笑!おもしろNG集
 ・ディスク3・・・チョビがいっぱい
 ・ディスク4・・・エンディング映像3ヴァージョン
 ・ディスク5・・・クランク・アップ風景

■グッズ紹介
スケジュール帳
花とゆめ 89年2号の付録
プータオ抽プレテレカ
カセットラベル
花とゆめの付録

■佐々木倫子 画集「動物のお医者さん」 
・作品の解説と後書きを除き丸まるイラストの作品集です。
・中ほどに折込のページがあります。
大きさ A4程度
発行データ  平成3年6月15日

■雑誌
【ぱふ】1994.3月号

まんが情報誌 NO.211
平成6年3月1日 発行
発行 雑草社
全134頁
定価 534円+税
表紙 みずき健

-日本で唯仙一の月刊まんが情報誌-

■ファイナル大特集!!
-動物のお医者さん~佐々木倫子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おすすめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

みながわさん

Author:みながわさん
■サイト設立 
2003.2.25

■サイトを作ったきっかけ 
動物のお医者さんがドラマ化されたので便乗しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ全記事表示
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご訪問者
いつもありがとうございます。

+77120(~2008.3.8)
現在の閲覧者数:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。