上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そのレストランはどの駅からも遠かった。繁華街からも、住宅街からも、そして利益からも。何より理想のサービスからほど遠かった。果てしなく…。

■あらすじ
伊賀観は、とあるフレンチレストランのウエイター。しかし客に対してどうしても愛想良くすることができず、いつもヘマばかりで、店の同僚からは迷惑がられている。自分の適正に悩んでいた時、新しく「理想のレストラン」を作ろうとしているオーナー・黒須仮名子に「自分の店に来ないか」と声をかけられた。
ところが指定された場所に行ってみると、なんとそこは墓地。レストランらしきものはまるで見当たらない…

墓地の中にあるその店の名前は「Loin d'lci(ロワン・ディシー)」。日本語での意味は「この世の果て」。オーナーはとんでもない大ボケだし、観以外のサービススタッフは全員未経験者。唯一頼りになるシェフは、勤める店がことごとくつぶれてしまうという、ありがたくない伝説を持っている。そんな状態で一体どうやって「理想のレストラン」を作ろうというのか…!? 
奮闘する観と、人はいいがマヌケな仲間たちが繰り広げる、上品なコメディー作品

■レアアイテム
【 Heaven?ヘブン 3巻 】
ミトン付き
◆小学館/2002年初版/定価:1333円(税抜き)/
◆特製ロワンディシー仕様ミトン付き

■登場人物
・伊賀観
(いが・かん。営業スマイルができないが、フランス料理店でのサービス経験3年を買われ「 ロワン・ディシー」にスカウトされた)、
・黒須仮名子
(「ロワン・ディシー」のオーナー。美人だが、信じられないくらいの天然ボケ)、
・堤計太郎
(店長。以前は牛丼屋の店長を5年。フレンチ経験なし)、
・山懸重臣
(ソムリエ。定年退職した元銀行役員。フレンチ経験もちろんなし)、
・川合太一
(コミドラン。元美容師。フレンチどころか、食事に関連する店での勤務経験一切なし)、
・小澤
(シェフ。三つ星のレストランに勤めていた一流シェフだが運がなく、勤める店は次々につぶれてしまう)
スポンサーサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おすすめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリーエリア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

みながわさん

Author:みながわさん
■サイト設立 
2003.2.25

■サイトを作ったきっかけ 
動物のお医者さんがドラマ化されたので便乗しました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ全記事表示
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ご訪問者
いつもありがとうございます。

+77120(~2008.3.8)
現在の閲覧者数:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。